第2回 神庭考(1)

※有料記事です。このページをブックマークして下さい。

第2回
神庭考(1)

松本 岐子

鍼灸界の風雲児であるキャプテン岐子が
風門からの風を受けて尿(いばり)川を航行。
その先には宝物が隠された光の渦が!

はじめに

2018年11月号に「鍼によるDLPFC賦活治療(6)本神(穴)篇」を執筆した。『黄帝内経霊枢』「本神篇 第八」には、「黄帝問于岐伯曰、凡刺之法、必先本于神」(黄帝岐伯に問いて曰く、凡そ刺の法は、先ず必ず神に本づく)という一文がある。その中で、「神に本づく」の「本」とは、英語でorigin、ルーツ、根本、原点など、つまり神のルーツと訳され、まさしく「本神」(穴)のことと推察される。DLPFC治療がパニック障害にも効果的であり、それが甲乙経の頭臨泣に近い「本神」穴と被っていることから、前頭前皮質(prefrontal cortex: PFC)と関係あるのではないかと考えた。PFCにおける症状に、「神」のツボである「本神」、と真ん中「神」のツボ「神庭」を使用した。「本神」について理解できたものの、「神庭」とはどういうことか、漢字の意味を調べたら驚愕の事実を知り、今回は「神庭」について論じたい。

神庭の「庭」は庭じゃない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について